Oh-Ebashi LPC & Partners

(The following information was supplied by the firm)

Oh-Ebashi LPC & Partners is a law firm with over 130 attorneys with its main offices in Tokyo and Osaka. It was originally established in Osaka in 1981 by Tadashi Ishikawa, Makoto Miyazaki and Hiroaki Tsukamoto. Its name comes from the name of the historical bridge over Dojima River in Osaka (bashi literally means “bridge”).

The three founding partners wished to establish “an excellent law firm” for the people, the society and the changing times. Oh-Ebashi soon became the leading law firm in Osaka. It later opened offices in Shanghai in 1995, Tokyo in 2002 and Nagoya in 2015 to serve the expanding needs of its clients. Our Tokyo and Osaka offices are now equal in size and strength with our lawyers working closely together to serve a broader base of clients in Japan and abroad.

Oh-Ebashi has worked with clients for decades and is confident that we can provide them with the best legal advice and solutions. We are committed to exceed clients’ expectations and be their ideal legal partner.

Our Principles

I. Each member develops an expertise based on strength in a wide range of laws.

Our firm has a principle of having each lawyer develop his or her practice by first gaining experience in a comprehensive range of laws before developing an expertise in specific areas of law. As professionals with their respective specialties developed based on their broad experience in various areas of law, our lawyers can provide clients in different industries the most appropriate solution from a wide perspective that is not limited to a specific area of law.

II. We integrate each individual’s expertise to create a synergy that will provide added value to our clients.

We integrate lawyers with their respective strengths to create a synergy that will provide added value for our clients. The leading lawyers in each of our practice areas will make full use of their expertise in forming effective teams.

III. We are committed to deeply understanding our clients’ needs and contributing to society together.

We value every opportunity to work with our clients and are committed to deeply understanding their needs. We are also committed to doing our work with diligence and integrity at all times. Thus, we provide value to our clients beyond their expectations, and together, we contribute to the development of society.

Key Contacts

Firm Rankings

Competition/Antitrust
Band 3

7.0

Corporate/M&A
Band 3

6.7

IP
Band 4

4.0

IP: Patents: Contentious
Band 3

6.0

IP: Patents: Transactions
Band 3

6.0

Projects
Band 3

6.0

Restructuring & Insolvency
Band 3

6.0

Lawyer Rankings

Articles

Law Reform for “Equal Work for Equal Pay”

Contributed by Keiji Sato I. Introduction As part of the working style reforms being made in Japan, the Act on Improvement, etc., of Employment Management for Part-Time and Fixed-Term Workers1 (the “Part-Time/Fixed-Term Employment Act” or the “Act”) took effect in April 2020. The Act aims to achieve “Equal Pay for Equal Work.” In other words, […]

05 Apr 2021
Selected Intellectual Property Issues under the TPP and Japan-EU EPA

Contributed by Takashi Koyama I. Introduction As the former Director of the Intellectual Property Affairs Division of the Ministry of Foreign Affairs (MOFA) and the former negotiator of the Japanese Government’s Trans-Pacific Partnership (TPP) Headquarters at the Cabinet Secretariat Office, I was involved in discussions and negotiations in multilateral/regional for a such as the World […]

05 Apr 2021
Japan: IP

Takamitsu Shigetomi, Partner, Oh-Ebashi LPC & Partners Overview of Intellectual Property (IP) Law and Court System In Japan, intellectual property law is mainly comprised of (i) patent law, (ii) utility model law, (iii) design law, (iv) trademark law, (v) copyright law, and (vi) unfair competition prevention law. As to how the court system deals with […]

03 Feb 2021
Regulation of Continuous Transactions by Foreign Companies in Japan

I. Introduction The Companies Act of Japan (the “Act”) regulates the conduct of continuous transactions by foreign companies1 in Japan. In particular, foreign companies that do not have any form of office in Japan, but intend to carry out transactions continuously in Japan by themselves must first appoint and register at least one resident representative […]

25 Jan 2021
New Financial Service Intermediary Business License

I. Introduction To enhance the convenience and protection of customers of financial intermediary services, a new financial service intermediary business license system has been created by the recent amendment of the Act on Sales, etc., of Financial Instruments. The law will be renamed the Act on Provision of Financial Services (the “Act”) and the amendments […]

25 Jan 2021
先発医薬品の承認申請に必要な臨床試験が特許法69条1項の 「試験又は研究のためにする特許発明の実施」に当たることを認めた事例

Japan January 8 2021 東京地裁(40部)令和2年7月22日判決(平成31年(ワ)第1409号)裁判所ウェブサイト〔T-VEC事件〕 本件は、発明の名称を「ウイルスおよび治療法におけるそれ らの使用」とする発明(「本件発明」)の特許権者である原告X (大学教授)が、製薬会社である被告Yに対し、Yが本件発明の 技術的範囲に属するウイルスを使用して国内において行って いる治験(「本件治験」)はXの特許権を侵害すると主張して、同 ウイルスの使用の差止等を請求した事案です。本件発明にか かるウイルス(一般名タリモジェンラヘルパレプベク(T-VEC)) は、がんを治療する「腫瘍溶解性ウイルス」であり、昨今、国内外 の製薬会社が腫瘍溶解性ウイルスの激しい開発競争を繰り広 げています。 医薬品の製造販売承認申請のためには、臨床試験等の試験 を実施する必要がありますが、最高裁11年4月16日第二小法 廷判決民集53巻4号627頁(「平成11年最判」)は、後発医薬品 の薬事法14条(当時)の製造販売承認を申請するために、特許 発明の技術的範囲に属する医薬品を生産し、これを使用して 試験を行うことは、特許法69条1項にいう「試験又は研究のた めにする特許発明の実施」にあたり、特許権侵害とはならない と判示しました。 この平成11年最判の事案とは異なり、先発医薬品の臨床試験 である本件治験が特許法69条1項の「試験又は研究のためにす る特許発明の実施」に該当するかが争点となったのが本件です。 裁判所は、以下のとおり、本件治験が特許法69条1項の「試 験又は研究のためにする特許発明の実施」にあたるとし判示し て、Xの請求を棄却しました。 特許法69条1項の趣旨は、特許法1条に規定された「発明の 保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達 に寄与する」ためには、当該発明をした特許権者の利益を保護 することが必要である一方、特許権の効力を試験又は研究のた めにする特許発明の実施にまで及ぼすと、かえって産業の発達 を損なう結果となることから、産業政策上の見地から、試験又は研 究のためにする特許発明の実施には特許権の効力が及ばない こととし、もって、特許権者と一般公共の利益との調和を図ったもの と解される。   本件治験が同項にいう「試験又は研究のためにする特許発明の実施」に当たるかどうかは、特許法1条の目的、同法69条1項の  立法趣旨、医薬品医療機器等法上の目的及び規律、本件治験の目的・内容、治験に係る医薬品等の性質、特許権の存続期間の延長制度との整合性なども考慮しつつ、保護すべき特許権者の利益と一般公共の利益との調整を図るという観点から決することが相当である。   本件治験の対象とされているT-VECは、外国の医薬品規制当局の製造承認を受け、我が国でブリッジング試験を行っている先発医薬品であるが、以下のとおり、本件治験についても、平成11  年最判の趣旨が妥当する。 ① 平成11年最判は、後発医薬品が特許法69条1項にいう「試験又は研究のためにする特許発明の実施」に当たる理由として、後発医薬品についても、 他の医薬品と同様、その製造の承認を申請するためには、あらかじめ一定の期間をかけて所定の試験を行うことを要し、その試験のためには、特許権者の特許発明の技術的範囲に属する化学物質ないし医薬品を生産し、使用する必要がある点を指摘する。 ⇒先発医薬品等に当たるT-VECについても、後発医薬品と同様、その製造販売の承認を申請するためには、あらかじめ一定の期間をかけて所定の試験を行うことを要し、その試験のためには、本件発明の技術的範囲に 属する医薬品等を生産し、使用する必要があるということができる。 ②  平成11年最判は、特許権存続期間中に、特許発明の技術的範囲に属する 化学物質ないし医薬品の生産等を行えないとすると、特許権の存続期間が終了した後も、なお相当の期間、第三者が当該発明を自由に利用し得ない結果となるが この結果は、特許権の存続期間が終了した後は、何人でも自由にその発明を利用することができ、それによって社会一般が広く益されるようにするという特許制度の根幹に反するとしている。 ⇒T-VECについても、前記判示のとおり、その製造販売の承認 を申請するためには、あらかじめ一定の期間をかけて所定の試験を行うことを要するので、 本件特許権の存続期間中に、本件発明の技術的範囲に属する医薬品の生産等を行えないとすると、特許権の存続期間が終了した後も、なお相当の期間、本件発明を自由に利用し得ない結果となるが、この結果が特許制度の根幹に反するものであることは、平成11年最判の判示するとおりである。 ③ […]

24 Jan 2021

Press Releases

Sign In

Lost Password